SIDEBAR
»
S
I
D
E
B
A
R
«
再発防止のために
9月 6th, 2014 by admin

アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症は、一時よくなったかに見えても季節や環境等によって再発する可能性が高いです。

では、再発した時の原因を考えてみましょう。

例えば夏に悪化するのか、冬にひどくなるのか、脂っこい外食を続けてひどくなったのか、睡眠不足が続くと起こるのか、これらの原因を見つけて減らすことが大切です。

何度も再発を続けると、そのうちに1年中起こるようになります。

防止のためには、調子のよい時でも保湿クリームを使い、皮膚を清潔にし、環境を改善し、再発しないようにすることが大切です。

毎日運動をし、汗をかき、その後は必ずシャワーを浴びて保湿クリームを塗るようにします。

生活は和食を中心にし、脂っこいもの、甘いもの、辛いものは避けるようにします。

水道水の中の塩素は、皮膚をカサカサにしてかゆみを増やすので、塩素を減らすように工夫しましょう。

安価で簡単な浄水器や強電磁波器具(考案中)、発酵野草酵素入浴剤(検討中)などを利用して塩素をなくすことも手です。

睡眠時間は1日7時間以上とり、ストレスを溜めないことにより、自律神経を安定させます。

そして、塗り薬に頼らずに、抗アレルギー薬の服用を3カ月~6カ月続けることです。

そうすることによって、体の中でアレルギー反応をひどくさせる免疫細胞の数が正常に戻ります。

また、小児の場合は成長と共に治ることもありますが、思春期を過ぎるとステロイドだけでは改善しないことがあります。

■関連URL:http://chieco.cosme.net/board/board_id/2054


Comments are closed

»  Substance:WordPress   »  Style:Ahren Ahimsa